【東京】自民党の国防議員連盟が5日、党本部で開いた会合で、自衛隊が下地島空港(宮古島市)を使用できるようにすべきだとの声が相次いだ。尖閣諸島周辺の接続水域で中国海警局の船の航行が繰り返されていることを受けた、自衛隊機による監視・警戒活動が念頭にあるとみられる。