「ハブの日」の8月2日、南城市玉城のおきなわワールドでハブ供養祭があった。展示や酒造りのために捕獲・活用するなど日頃、ハブに携わっている職員約10人が参列し、天蛇観音像前で焼香した。

おきなわワールドの職員らがハブに日頃の感謝をささげた供養祭=2日、南城市玉城(提供)

 同施設にはハブ博物公園やハブ酒を製造している南都酒造所などがあり、長年にわたってハブと密接に関わっている。

 年間約6千匹分のハブ酒を製造する同酒造所では新型コロナウイルス感染症の影響で、「家飲み」を楽しむ愛飲家たちからの注文が増えているという。