【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は5日の記者会見で、中国企業による米国内での通信事業の包括的な制限を目指す新方針を発表した。通信アプリ「微信(ウィーチャット)」など中国製アプリの使用禁止や、中国の電子商取引最大手アリババグループなどによる米国内でのクラウド事業も制限したい考え。