任天堂の主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」=写真右=の世界での累計販売台数が6月末時点で6144万台となり、「ファミリーコンピュータ」=同左=を超えることが確実となった。据え置き型でありながら持ち運びもできる手軽さが幅広い世代に支持され、ソフトのヒットにも恵まれた。