九州経済産業局が6日発表した6月の九州・沖縄の百貨店販売額(18店、速報)は前年同月比20・1%減の317億円となり、9カ月連続で前年実績を下回った。新型コロナウイルス感染拡大に伴って一部店舗が営業時間を短縮したことや、催事の中止が響いた。