発達する低気圧の影響で北海道や東北は大雨が降るとして、気象庁は7日、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫、暴風や高波に厳重な警戒を呼び掛けた。特に北海道は局地的に記録的な大雨の恐れがある。

 気象庁=東京都千代田区

 気象庁によると、低気圧は7日に北海道付近を通過。気圧の傾きが大きくなり、天気が大荒れになりそうだ。低気圧から延びる前線は9日にかけて、東北に停滞し前線上の低気圧が接近する見込み。

 8日午前6時までの24時間予想雨量は北海道の多い地域で150ミリ。東北は120ミリで、その後の24時間も100~200ミリの雨が降る見込み。(共同通信)