沖縄タイムス+プラス ニュース

名護市役所で2人目陽性 家族内の感染か

2020年8月7日 10:04

 沖縄県名護市は6日、職員1人が新型コロナウイルスに感染したと公表した。市職員の感染は2人目。

 職員は維持課の40代の男性職員。道路管理など現場での作業を行っており、市役所本庁や支所での市民との接触はないという。

 職員は4日、同居している家族の感染が分かり、濃厚接触者として同日早退し、自宅待機していた。PCR検査の結果、6日に陽性が判明し、現在那覇市の軽症者用宿泊施設で療養中。

 市の判断で6日午後から、同課の職員11人を自宅待機としている。

連載・コラム
きょうのお天気