沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の路線バス運転手1人が感染 全車両を消毒し運行

2020年8月7日 10:25

 沖縄県の琉球バス(小川吾吉社長)は6日、20代の男性運転手が新型コロナウイルスに感染したと発表した。運転手は休暇のため8月1日以降勤務していない。保健所から社内やバス内での濃厚接触の可能性は低いと説明されたという。

 同社は社員の感染が発覚した5日夕方から、全車両を消毒。6日始発から平常運行している。
 

連載・コラム
きょうのお天気