沖縄タイムス+プラス ニュース

河野防衛相「テロの懸念を考慮」と説明 米軍基地でドローン飛行禁止の理由

2020年8月7日 12:17

 【東京】河野太郎防衛相は7日の記者会見で、小型無人機ドローンの飛行を禁止する防衛関係施設に、在日米軍の15施設を指定したことに関し、「知る権利は大事だが、ドローンがテロなどにも使われている懸念もあるので、そうしたことを考慮しながら指定した」と述べた。

(資料写真)河野防衛相

 河野氏は同日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を含む在日米軍の15施設を指定した。米軍基地の指定は初めて。

 陸海空自衛隊の航空部隊が所在する14施設も新たに指定され、自衛隊施設は指定済みの27施設を含め計41施設となった。

 昨年成立した改正ドローン規制法に基づく対応で、指定された施設・区域と、その周囲約300メートルの上空で飛行禁止となる。

 周知期間を経て在日米軍施設は9月6日、自衛隊施設は8月17日から適用する。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気