社説

社説[翁長氏急逝から2年] 不屈の志 どう生かすか

2020年8月8日 08:13

 2018年8月8日、翁長雄志前知事が膵臓(すいぞう)がんで亡くなってから、きょうでちょうど2年になる。

 名護市辺野古の新基地建設を巡って、激しく政府と対立した。

 批判やいやがらせ、誹謗(ひぼう)中傷、政治的ないじめを受け続けたが、安易な妥協を拒み、節を曲げなかった。

 翁長氏が病を押して記者会見に臨み、埋め立て承認の撤回に向け手続きの開始を正式に表明したのは、亡くなる直前の7月27日のことである。

 命を差し出すようにして翁長氏が守ろうとしたものは何だったのか。後世に伝えようとしたメッセージは何だったのか。

 その問いを手放さず、問い続け、未来を開いていくことが、翁長氏の「遺志を継ぐ」ことにつながるはずだ。

 2013年、参議院予算委員会のメンバーが来県し、基地を抱える市町村長と意見交換した時、自民党議員はこう語ったという。

 「本土が受けないと言っているんだから、沖縄が(基地を)受けるべきだろう。不毛な議論はやめようや」

 驚くべき蒙昧(もうまい)だが、本土の保守政治家にはこのような考えが珍しくない。

 菅義偉官房長官と相対したとき、翁長氏は沖縄の戦後史をひもとき、「県民には魂の飢餓感がある」と指摘した。

 大切な人の命と生活を奪われた上、尊厳と誇りを傷つけられた人々の心の叫び-それを「魂の飢餓感」と表現したのである。

 しかし、いくら歴史を語ってもぬかにくぎ、だった。

■    ■

 翁長氏は自分の立ち位置を「保守だが、沖縄の保守」だと語っていた。安保も基地も認める保守ではあるが、しかし、沖縄の保守である、という言葉には、沖縄の政治家としての矜持(きょうじ)が感じられる。

 沖縄の人々は、戦後の過酷な米軍支配の下で人権、自治を闘い取ってきた歴史を持つ。それをひとことで言い表すとすれば「沖縄の尊厳」という言葉がふさわしいのではないか。「沖縄の尊厳」をどのように回復するか。

 強者に迎合して卑屈な態度を見せる事大主義ではなく、理不尽なものに対して「屈することなく立ち向かっていく姿」-その姿を示すことが大切だと語っていた。

 翁長氏が諦めることなく公約を守り通し、自治と人権の旗を掲げ続けることによって、国内外からさまざまな好意的反応が起こった。その波及効果はいくら強調してもし過ぎることはないだろう。

■    ■

 政府は新基地建設を諦めていない。だが、軟弱地盤の改良工事のため、当初計画を大幅に上回る9300億円の経費と12年の歳月が必要になっており、計画の破たんは明らかだ。

 20年版防衛白書は「(普天間の)一日も早い全面返還の実現に向けて全力で取り組んでいく」と書いている。

 この期に及んでもなお、「一日も早い」という決まり文句を平気で使う神経は理解できない。翁長氏の捨て身の異議申し立てが、「辺野古唯一」論のまやかしを浮かび上がらせたのである。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

「そもそもGoToの旗振り役は…」 沖縄県、菅氏の苦言に不信感

「翁長氏の貯金を食いつぶす」 遅かった知事の陣頭指揮

「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
県内最大の美術・工芸公募展「沖展」。入賞作品74点を展示する「特別展」タイムスホールで開催中。21日まで。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。