沖縄タイムス+プラス プレミアム

翁長雄志氏の急逝から2年 正念場の「オール沖縄」 問われる玉城知事の指導力

2020年8月8日 09:12有料

 翁長雄志前知事が死去して、8日で2年となった。後継として県政を担う玉城デニー知事は、名護市辺野古の新基地建設反対を政策の柱に掲げ、翁長氏が構築した「オール沖縄」勢力を継ぐ。一方、6月の県議選では県政を支える与党が議席を減らし野党中立の議席が伯仲。次期衆院4区を巡り人選が難航するなど課題は山積する。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

「そもそもGoToの旗振り役は…」 沖縄県、菅氏の苦言に不信感

「翁長氏の貯金を食いつぶす」 遅かった知事の陣頭指揮

「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気