クラスター(感染者集団)が発生した那覇市松山地区の飲食店従業員らを対象に実施された2千件超のPCR検査で、86人の感染が分かった。あるキャバクラ店勤務の女性従業員は陰性の結果に安心する一方で休業により収入は途絶え、貯蓄を切り崩して生活を送っている。