気象庁は9日午前6時45分、台風5号が沖縄の南(北緯21度55分、東経125度25分)にあって、時速30キロの速さで北へ向かっていると発表した。中心気圧は1000ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートルで、最大瞬間風速は25メートル。南東側460キロと北西側220キロの範囲で風速15メートル以上の強風が吹いている。

台風5号の進路図(気象庁HPから)

台風はこの後、9日午後6時には、速度を速めて徐々に発達しながら那覇市の西北西約120キロに達する見込み。中心気圧は996ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルになる。

沖縄気象台によると、沖縄本島と久米島地方は9日、南の風が非常に強く雨が降る。夜のはじめごろは雷を伴い非常に激しく降ると予測している。沖縄本島地方は10日明け方まで、大東島地方と先島諸島は9日中はそれぞれ強風に十分注意するよう呼び掛けている。