気象庁は9日午後9時45分、台風5号が久米島の北北西約120キロの北緯27度20分、東経126度20分にあり、時速35キロで北に進んでいると発表した。中心気圧は996ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は23メートルで、最大瞬間風速は35メートル。南東側460キロ、北西側220キロで風速15メートル以上の強風が吹いている。

台風5号の強風で横倒しになったサトウキビ=9日午後、沖縄県・南城市

 9日午後には沖縄県うるま市で最大瞬間風速26.6メートルを観測した。

 台風は徐々に沖縄本島地方から遠ざかっている。今後は速度を上げて発達しながら、10日午前9時には長崎県五島市の西約140キロに到達する見込み。中心気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は25メートルで、最大瞬間風速は35メートルとなる予測。11日未明には日本海で温帯低気圧に変わる見通し。