[原爆忌75年 悲憤の記憶 沖縄の被爆者たち](6) 広島や長崎で被爆し、帰郷した沖縄の被爆者たちは戦後20年余り、国に放置され、援護から切り捨てられていた。米軍統治下で、原爆や放射能被害の情報は本土のように届かず、体に異変を抱えながら戦後の混乱の中を必死で生きた。