沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄、県立高校の一部16日まで臨時休校 3年生のみ11日から時差登校

2020年8月10日 18:55

 沖縄県教育委員会は10日、新型コロナウイルス感染防止のため県立高校の一部を12日から16日まで臨時休校とすることを決定した。休校の対象は高校1・2年生と特別支援学校、県立中学校。進学や就職を控える3年生は時差登校で11日から登校する。

教室(ぱくたそ)

 休校対象となる生徒や学校は11日に登校し、臨時休校や家庭学習などの説明を受けて下校する。

 地域の感染の状況を踏まえて11日から通常登校となる高校もある。対象は辺土名、名護、北部農林、名護商工、北山、本部、久米島、八重山、八重山農林、八重山商工。

 小中学校は那覇市糸満市、豊見城市、南城市、南風原町、八重瀬町の6市町が11日からの臨時休校を決め、17日から登校を再開する見通し。

 那覇、南城、南風原では保護者が医療従事者で休めない、親戚が世話ができないなどの事情がある生徒を学校で受け入れる。各自治体で受け入れの対象や時間帯が異なり、詳細をホームページに掲載している。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ