「こんなに大きなオオウナギ、初めて見た」-。名護市汀間出身の大城康正さん(66)が4日、嘉陽川の中流付近で長さ約170センチ、胴回りが約35センチの「オオウナギ」(ウナギ科)を釣り上げ、地域で話題になっている。

嘉陽川で釣り上げられ今は汀間の大城さんの実家の生け簀に入れられている「オオウナギ」=7日、名護市汀間

 テナガエビを餌にして、釣りざおで釣り上げたという大城さんは「水深が40センチくらいの場所でも姿がはっきりと見えていた。手応えがすごくて、10キロぐらいにも感じた」と興奮気味に話した。

 釣ったオオウナギはクーラーボックスに入れ、汀間にある大城さんの実家のいけすに入れられた。情報を聞きつけ、大川から見に来た座覇一弘さん(64)は「このオオウナギは久志地域では最も大きいね。嘉陽川の主ではないか。度肝を抜かれた」と感想を話した。

 オオウナギは背中が黄褐色に黒褐色のまだら模様があり、腹側は黄白色。環境が変わったためか、餌にされていたテナガエビと仲良く泳いでいた。(玉城学通信員)