沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄の鉄軌道、運行は最短で2030年以降 検証委が県の試算承認

2020年8月12日 14:10有料

 県が設置した鉄軌道導入事業を検証する委員会(委員長・森地茂東京大学名誉教授)は11日、県庁で会合を開き、事業化の目安となる費用便益比が「1」を超えた県の試算を承認した。運行開始時期は、新型コロナウイルス感染症の影響なども踏まえ、最短で2030年以降になる見方を示した。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気