沖縄タイムス+プラス プレミアム

「騒音で窓開けられない」コロナ対策できず 住宅地の隣、悪臭も深刻 嘉手納基地の一時駐機、継続の不安 

2020年8月13日 08:55有料

 米軍嘉手納基地に拠点を置く第353特殊作戦群が駐機場の拡張工事に伴い、米軍が住宅地に近接する元駐機場「パパループ」にMC130特殊作戦機を駐機させて1年が過ぎた。昼夜問わずエンジン調整や悪臭などの被害に周辺住民は悩まされており、嘉手納町や町議会は駐機場使用の早期終了と移転を訴えている。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気