沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古新基地運用に12年 宜野湾市長「やっぱり長い」沖国大に米軍ヘリ墜落16年 普天間飛行場なお危険 

2020年8月13日 09:17有料

 2004年に沖縄国際大学(宜野湾市)構内に米軍普天間飛行場のCH53D大型輸送ヘリが墜落・炎上して13日で16年となる。以降も所属機の事故が相次ぐが、普天間返還は先送りされた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気