沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄路線、コロナ拡大で需要減 ANA9月1365便を減便 ジェットスターは92便

2020年8月14日 10:50

 全日本空輸(ANA)とジェットスタージャパンは13日、9月1カ月間の減便を発表した。減便される沖縄関連路線は、両社合わせて合計1457便。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、航空需要が減少しているという。

(資料写真)那覇空港

 ANAは、那覇-羽田線や関西-宮古線など1365便を減便する。ジェットスターは成田-那覇線、関西-那覇線の92便を減便。機材繰りの関係で、8月31日に運航予定だった成田発那覇行きの1便も欠航となった。

連載・コラム
きょうのお天気