NHKは14日、明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」の新たな出演者を発表した。没落した朝廷の存続に尽力した第106代天皇・正親町天皇を、大河ドラマ初出演の坂東玉三郎さんが演じる。

 坂東玉三郎さん

 堺の豪商で茶人の今井宗久を陣内孝則さん、幕府政所頭人として光秀と対立する摂津晴門を片岡鶴太郎さんが演じる他、二条家当主の二条晴良役を小籔千豊さんが務める。坂東さんらは「京~伏魔殿編」から出演する。

 坂東さんは「大変緊張しております。出演者の皆さまは映像に慣れている方々なので、その中で私がどんな役作りができるのか今考えている最中です」とコメントした。(共同通信)