農林水産省は14日、東京・霞が関の本省庁舎内の農村振興局に所属する20代女性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。農水省本省で確認された感染者は計6人となった。

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 20代女性は、これまでに感染が判明した職員の濃厚接触者だった。11日夜から熱や倦怠感の症状があり、12日にPCR検査を受けた結果、陽性と分かった。最後に出勤したのは5日だった。(共同通信)