永井荷風は1910年の随筆「夏の町」で、東京の生活を最も美しくさせるものは夏と書いている。