疎開船「対馬丸」が1944年8月22日に米潜水艦の魚雷に沈められて76年を迎えるのを前に、那覇市若狭の対馬丸記念館に21日、遺族から新たに提供された犠牲者9人の遺影が加わった。遺族の1人で生存者の知名美智子さん(82)は自ら父喜屋武盛好さん=当時(38)=の遺影を壁に掛け「やっと安心。