沖縄タイムス+プラス ニュース

那覇市内でのすべての行動は不許可 在日米海兵隊が規制見直し コロナ拡大避けるため

2020年8月22日 09:01

 在日米海兵隊は21日、新型コロナウイルスに関する保健衛生上の警戒レベル「レベルC(チャーリー)」の行動規制内容を、一部見直したと発表した。個人や2人、家族は社会的距離を確保すれば、基地外での行動が可能とした。一方で、那覇市内でのすべての行動は不許可とした。

(資料写真)米軍

 新型コロナウイルスの感染を拡大させる可能性がある領域や行動を避けるため、慎重な判断を求めている。

 今回の見直しに、海兵隊は「基地内外の許可された活動を明確にし、危険な行動や場所を回避する必要があることを強調している」としている。


もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気