台風8号(バービー)は23日午後4時現在、久米島の西約250キロをゆっくりした速さで北東へ進んでいる。今後、強い勢力に発達し24日明け方から昼前に沖縄本島地方に最も接近する見込み。久米島と慶良間・粟国諸島、伊是名島・伊平屋島では24日朝から暴風となる恐れがあり、沖縄気象台では警戒を呼び掛けている。

台風の進路予想図(気象庁HPより)

 暴風警報は久米島などに24日未明に発表される見通し。同気象台によると現時点で、本島中南部と北部が暴風域に入る可能性は低いとみているが、台風の進路によっては25日にかけて暴風となる恐れもある。台風が近づく久米島町北原では23日午後2時、最大瞬間風速29・3メートルを観測した。

 台風の23日午後4時現在の中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径75キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心の南東側330キロ以内と北西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風は24日午前3時には強い勢力に発達し、久米島の北西190キロに達する見通し。中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルが予想される。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は23日、沖縄本島地方で23メートル(35メートル)、宮古島地方20メートル(30メートル)、八重山地方18メートル(30メートル)。24日は本島地方で25メートル(35メートル)、宮古島地方で18メートル(30メートル)、八重山地方17メートル(30メートル)。

 台風8号に命名された「バービー」はベトナムが提案した名前で同国北部の山の名前を意味する。台風の名前は日本を含む14の国と地域が加盟する「台風委員会」で140個用意されており、発生順に付けられる。