台風8号は23日午後9時現在、久米島の西北西約200キロを時速15キロの速さで北東に進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートルで最大瞬間風速は40メートル。台風は今後、ゆっくりとした速さで北へ進む見込み。

台風8号の進路図(気象庁HPから)

 23日午後9時現在、宮古島市城辺で1時間降水量66.5ミリ、石垣市川平で61.5ミリを観測した。宮古島市城辺の24時間降水量は256ミリ、多良間村仲筋で237.5ミリ、石垣市伊原間223ミリに達した。

 沖縄本島地方や久米島は大雨など台風の影響を長時間受ける恐れがある。

 沖縄気象台は、先島諸島で23日は低い土地の浸水に注意を、24日かけては土砂災害への警戒を呼び掛けている。沖縄本島地方では24日かけて低い土地の浸水や河川の増水に注意が必要。久米島では23日夜遅くから、沖縄本島中南部・北部では24日未明から高波に警戒。

 暴風警報は久米島などに24日未明に発表される見通し。同気象台によると本島中南部と北部が暴風域に入る可能性は低いとみているが、台風の進路によっては25日にかけて暴風となる恐れもある。台風が近づく久米島町北原では23日午後2時、最大瞬間風速29・3メートルを観測した。

 23日午前0時から3時にかけての1時間の最大雨量は、那覇市や南城市、恩納村で40ミリ、名護市や沖縄市、うるま市で35ミリの予想。