台風8号は24日午前3時時点で久米島の西約150キロにあり、時速約10キロの速さで北東に進んでいる。沖縄本島地方には24日明け方から昼前に最も近づき、その後北に進路を変えて東シナ海を北上する見込み。台風が近づく久米島には暴風警報が発表された。同町内の幼小中学校・県立高校は、暴風警報が発表中は臨時休校となる。

台風対策でロープを張り巡らし港内に係留された漁船=23日午後0時51分、糸満市西崎

8号台風進路図

台風対策でロープを張り巡らし港内に係留された漁船=23日午後0時51分、糸満市西崎 8号台風進路図

 沖縄気象台によると、多良間村仲筋で23日、24時間降水量が8月の観測史上最大となる237・5ミリを記録した。気象庁によると、台風の接近に伴い、本島地方や先島諸島で風や雨が強まり、久米島空港では23日午後2時に29・3メートルの最大瞬間風速を観測した。

 24日午前3時時点で中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心から半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風。南東側390キロ以内と北西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄気象台によると、24日に予想される最大風速は、本島地方で25メートル(最大瞬間風速は35メートル)、宮古島地方で16メートル(同30メートル)。本島地方は24日にかけて、多い所で1時間40ミリの激しい雨が降る見込み。同午後9時までの24時間に予想される雨量は、多い所で本島地方150ミリ、25日午後9時までの同雨量は、本島地方50~100ミリとなる。