【石垣・宮古】2日間にわたり交信が途絶えていた八重山漁協所属のはえ縄漁船「博丸」が24日、下地島沖で転覆した状態で見つかり、乗組員のインドネシア人の10代男性が救助された。捜索を続ける漁協の組合員らは救助に安堵(あんど)しつつ「まだ3人が見つかっていない」と一様に硬い表情。「1人見つかった。