台風8号は24日午後8時時点で、久米島の北約230キロをゆっくりと北へ進んでいる。各地で大雨が降り、道路の冠水による通行止めや民家の床上浸水などの被害が出た。沖縄気象台によると、25日午後6時までの24時間の予想雨量は、本島地方で多い所で200ミリで、大雨警報がさらに広範囲になる恐れがある。

強風にあおられながら足早に道路を渡る人ら=24日午前10時50分、那覇市・国際通り(古謝克公撮影)

台風8号進路図

暴風で幹が折れ、道路の片側をふさいだ樹木=24日午前10時42分、久米島町山城(国吉聡志撮影)

強風にあおられながら足早に道路を渡る人ら=24日午前10時50分、那覇市・国際通り(古謝克公撮影) 台風8号進路図 暴風で幹が折れ、道路の片側をふさいだ樹木=24日午前10時42分、久米島町山城(国吉聡志撮影)

 気象庁によると、24日午後8時現在の中心気圧は975ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。24日は台風の影響で、県内のほぼ全域で土砂災害警戒情報が出た。

 うるま署によると、うるま市栄野比の道路工事現場で、幅30メートル、高さ10メートルの斜面が崩落し、3世帯7人が避難した。けが人はいない。金武町や恩納村では床上浸水が民家2軒、名護市では民家1軒で床下浸水があった。24日午後6時すぎには国道58号の北谷町と嘉手納町の町境付近で一時全面通行止めに。沖縄市白川にある白川橋付近の県道26号は同午後8時ごろ冠水し、一時通行止めとなった。

 空の便では全日空(ANA)は24日、那覇発着の計12便が欠航。日本航空(JAL)グループは同日、計56便が欠航した。少なくとも約3千人近くに影響が出た。