24日午前8時15分ごろ、沖縄県石垣市崎枝浜で泳いでいた20代の男女3人が流された。石垣海上保安部によると、同日午前9時20分ごろ、石垣航空基地所属のヘリが崎枝浜の沖合300メートル地点で、男女3人を発見し、救出した。3人は石垣市内の病院に搬送されたが、けがはない。

(資料写真)石垣市崎枝の海

 救出されたのは、観光で石垣市を訪れていた奈良県の男性(23)、埼玉県の女性(24)、地元石垣市に住む女性(26)。3人は大阪府の20代男性を含めた友人4人で泳ぎ、沖合に流されたという。大阪府の20代男性が遊泳中、3人の姿が見えなくなったことから浜へ上がり、118番通報した。

 事故当時、台風8号の影響で、石垣市には大雨注意報と強風・波浪注意報が発令されていた。石垣海保は「気象を十分確認せずに海へ出たことが原因。警報・注意報が発表されている場合は海に出ないでほしい」と注意を呼び掛けた。