ウンケー(旧盆の迎え日)を前に、旧暦7月7日の七夕に当たる25日、沖縄県内各地で家族や親族で墓を掃除する姿が見られた。

台風8号の影響で汚れた墓の前を掃いて掃除する和宇慶朝一さん、ヨシ子さん夫妻=25日午前、沖縄市古謝(落合綾子撮影)

 沖縄市の和宇慶朝一さん(82)、ヨシ子(74)さん夫妻は同市古謝にある墓で、落ち葉などを掃き掃除した。

 「昨日の台風で心配だったが、ご先祖様のおかげで雨も上がった」と笑顔を見せた。「年に数回しか墓掃除はできないが、シーミーと七夕は先祖を大切にする沖縄にとって大切な日」と話し、自宅の庭から持ってきた花などを供え、手を合わせた。