沖縄県内の広い範囲で大雨を降らし、土砂災害などの被害を出した台風8号は、22日に沖縄周辺の海域で突如姿を現した。8月以降、沖縄周辺の海域で台風の発生が続いている。なぜか。理由に挙げられているのが、海面水温の上昇と気圧配置だ。