【名護】懸命に餌を探しているクロサギ(サギ科)が20日、大浦川のマングローブ林の干潟で観察できた。羽が黒色と白色の二つのタイプがあり、「グワァー」としわがれた太い鳴き声を出す。くちばしが黄緑色で足は暗黄緑色味を帯び、短足に見えるのが特徴だ。海岸の岩礁や河口付近、干潟などで単独で行動する。