2012年7月、南風原町の県立南部医療センター・こども医療センターに研修医として勤務していた車いすの40代女性医師が、病院内で男性医師とすれ違った際に転倒し、頚(けい)髄損傷を負ったとして男性医師や県に損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、那覇地裁であった。