沖縄県の玉城デニー知事は28日午後、安倍晋三首相が辞任の意向を固めたことを受け、「名護市辺野古の新基地建設は対話によって解決を求めている県の姿勢とは、相反する方向だった」と安倍政権を振り返った。 県庁で記者団に答えた。 知事は安倍首相が連続在職日数が歴代1位となった直後の辞任に「大変驚いている。