28日午後3時、フィリピンの東海上で熱帯低気圧が台風9号になった。気象庁によると、発生したのは北緯17度10分、東経130度10分でほとんど停滞している。中心気圧996ヘクトパスカル、最大風速18メートルで、最大瞬間風速は25メートル。