28日午後3時、フィリピンの東海上で熱帯低気圧台風9号になった。気象庁によると、発生したのは北緯17度10分、東経130度10分でほとんど停滞している。中心気圧996ヘクトパスカル、最大風速18メートルで、最大瞬間風速は25メートル。中心の南西側280キロ以内と北東側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

台風9号の進路予想図(気象庁HPより)

 沖縄気象台によると、台風は今後北上しながら31日から9月1日の旧盆期間にかけて沖縄地方に接近する恐れがあり、気象台は暴風や大雨、高波などによる災害に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、台風が接近する影響で、31日は沖縄本島地方と大東島地方で暴風や波浪、9月1日は本島地方で暴風や波浪、大東島地方で波浪の警報をそれぞれ発表する可能性が高い。高潮についても31日から9月1日にかけて警報級になる恐れがある。