沖縄県の国頭村辺土名の障がい者就労継続支援B型事業所「ぴゅあは~と」(勝野愼介所長)が、やんばる産木材の端材を材料とした手工芸品を制作、販売している。本来は産業廃棄物として処分されるはずだった端材が、障がいがある利用者の手で小物入れやコースター、はし置きなどに生まれ変わり、デザイン性も高い。