沖縄県の豊見城市豊崎に本社がある上間菓子店は19日「熱中症対策に役立ててほしい」と、人気菓子「スッパイマン」の250セットを日本自動車連盟(JAF)沖縄支部に贈った。

スッパイマンのセットを渡辺武司隊長(左)に手渡す上間幸治常務=19日、豊見城市豊崎の上間菓子店

 この日、本社であった贈呈式で上間幸治常務は「梅干しの塩気は熱中症対策になり、クエン酸は疲労回復や免疫力アップに効果がある。新型コロナウイルスの感染防止対策にもいい。スッパイマンが現場作業のお役に立てれば」とあいさつ。

 JAF沖縄支部ロードサービズ隊の渡辺武司隊長は「新型コロナのため、暑い中、マスクをして作業しなければならず、きつい。スッパイマンを食べて、暑い夏を乗り切りたい」と感謝した。

 セットはJAF九州支部管内で働く隊員に配布する。