長嶺将真先生が70代ぐらいで私が40歳ぐらいまでは「力まずに、鍛えこなしてあの世まで」という表現をしていました。それが晩年になって「まだ足らぬ」に変わったんですね。「空手は一生のマラソンである。技に終わりはない。