本島中部の公立小学校。今年赴任した教員は、特別支援学級が10クラス近くあることに驚いた。教室が足りず、一部では室内を仕切り板で分けて使う。近隣の自治体では、さらに多い学校もある。「ほんの5、6年前まではせいぜい1校に1~2クラスで、10クラスを超えるような学校は考えられなかった。