気象庁によると、強い台風第9号の影響により、沖縄地方を中心に31日から9月1日にかけて大荒れの天気となる恐れがある。沖縄地方では一部の住家が倒壊する恐れもある猛烈な風が吹く可能性がある。同庁は暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高潮に警戒・注意を呼び掛けた。

台風9号の進路予想図(気象庁ウェブサイトから)

台風9号の暴風域に入る確率(気象庁ウェブサイトから)

台風9号の進路予想図(気象庁ウェブサイトから) 台風9号の暴風域に入る確率(気象庁ウェブサイトから)

 強い台風第9号は、30日午後3時にはフィリピンの東にあって、ゆっくりした速さで北へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで中心から半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は発達しながら沖縄の南を北上し、31日から9月1日にかけて非常に強い勢力で沖縄地方に接近する見込み。その後は東シナ海を北上して次第に進路を東寄りに変えて、2日から3日にかけて西日本に接近する恐れがある。

 台風の接近に伴い、沖縄地方では31日夜から9月1日にかけて一部の住家が倒壊する可能性のある猛烈な風が吹く恐れがある。また、沖縄地方では31日夕方から1日にかけて、海はうねりを伴った猛烈なしけとなる。

 31日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方で35メートル(50メートル)。9月1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、40から50メートル(55から70メートル)となっている。

 同庁は風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒するよう、また、うねりを伴った高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 台風本体や台風周辺の雨雲がかかり、沖縄地方では31日夜から9月1日にかけて、雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となる恐れがある。

 31日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、沖縄地方が80ミリ。9月1日18時までの24時間で、200から300ミリの見込みとなっている。

 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。同庁は、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう呼び掛けている。台風の接近に伴い、沖縄地方では31日から9月2日にかけて潮位が高くなり、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水の恐れがある。高潮に警戒・注意が必要だ。