29日午前9時ごろ、那覇市真嘉比付近を走行中だったタクシーの車内に「ヘビがいる」と110番通報があった。那覇署などによると、タクシーの後部座席に座っていた50代の女性客が足元にいるヘビを発見。駆け付けた警察官が捕獲した。当時、タクシーに乗っていた乗務員の上原卓さん(69)=那覇市=と女性客にけがはなかった。

警察官によって捕獲されたヘビ=29日午前9時半ごろ、那覇市真嘉比(読者提供)

 那覇署や上原さんによると、那覇市繁多川で女性の客を乗せ、目的地の市真嘉比に向かう途中、後部座席に突然体長約1・2メートルのヘビが現れたという。

 「運転手さん、ヘビがいます」。座っていた女性が足にぬるっとした違和感を覚え目線を下に向けたところ、ヘビが足の親指をなめていたという。驚いた上原さんは近くのスーパーにタクシーを止めて110番通報。駆け付けた警察官がトランクにいたヘビ1匹を捕獲した。署によると、ヘビは処分されるという。

 上原さんは「まさかヘビがいるなんて思わなかった。13年タクシー乗務員をしているが、こんな経験は初めて。誰もけががなくてよかった」とほっとした様子だった。

 沖縄こどもの国動物園課によると、捕獲されたヘビは「コーンスネーク」という種類。アメリカ原産のヘビで、元々沖縄に生息していないため、ペットとして飼われていたものが逃げ出したと思われる。このヘビは無毒で性格は温和、あまり人にかみつかないという。

(社会部・比嘉大熙)