気象庁は、大型で強い台風9号の接近に伴い、31日午後1時29分までに、沖縄本島・宮古島地方に暴風警報を発表した。沖縄気象台は、9月1日にかけて暴風やうねりを伴った高波、大雨、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

台風9号の進路予想図(気象庁HPより)

 沖縄気象台によると、最接近は宮古島地方と本島中南部で9月1日未明、本島北部と久米島は同日明け方の見込み。本島地方は31日夜から9月1日夜までの長時間にわたって暴風となる恐れがある。

 31日午後1時半現在、那覇市、沖縄市、うるま市浦添市の全域に避難準備が発令されている。各市、身の安全確保に努め、自宅で安全確保ができない場合には避難所や、親戚・知人宅等に避難するよう呼び掛けている。

 沖縄本島の路線バスは31日午後3時から運休、沖縄都市モノレール(ゆいレール)は31日夕方ごろから運行に影響が出る見込み。

 台風9号は31日正午現在、沖縄の南の北緯23度05分、東経128度10分にあり、時速約30キロで北北西に進んでいる。中心の気圧は955ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルとなっている。