沖縄気象台によると、大型で強い台風9号の沖縄地方への接近と大潮の時期が重なるため、沖縄本島地方と宮古島地方では、31日から9月1日にかけて潮位が高くなる見込みで、本島中南部では、過去最大級の高潮となる恐れがある。沖縄気象台では、本島地方で、海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より

台風の進路予想図(気象庁HPより)

情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より
台風の進路予想図(気象庁HPより)

 宮古島地方と大東島地方でも9月1日にかけて潮位が高くなる見込み。海岸付近の低地での浸水や冠水に注意。

 予想される最高潮位(標高)と高潮に注意・警戒が必要な期間

  沖縄本島地方  2.0メートル  31日夕方から夜遅く
          3.5メートル  1日午前中
          2.0メートル  1日夕方から夜遅く 
  宮古島地方   1.4メートル  31日夜のはじめ頃
          1.8メートル  1日明け方から朝
          1.3メートル  1日夜のはじめ頃
  大東島地方   1.5メートル  1日明け方から朝

提供:台風9号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)