格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは31日、新たに那覇-札幌(新千歳)、那覇-仙台の2路線へ就航すると発表した。運航は10月25日の冬ダイヤからで、いずれも1日1往復。両路線の運航はLCCで初めて。

那覇―札幌、那覇―仙台路線の就航を発表したPeachの航空機(提供)

 片道の運賃は那覇-札幌が7990円から(税込み)、那覇-仙台は6490円から。8月31日から航空券の販売が始まった。座席数はともに、1便当たり180席。

 ピーチは今回の発表分を合わせ、沖縄発着路線として国内5路線を運航。現在は新型コロナウイルスの影響で運休しているが、那覇発着の国際線も4路線ある。

 担当者は「那覇空港はピーチの重要拠点。現状はコロナの影響があるが、観光地同士を結ぶことで、中長期的には安定的な送客が見込める」としている。