気象庁によると、非常に強い台風第9号は1日午後6時現在、久米島の北北西約210キロの北緯28度05分、東経126度10分にあって、時速15キロで北北東に進んでいる。沖縄気象台は午後7時16分、沖縄本島の暴風警報を解除した。本島周辺離島と久米島の暴風警報は継続中。

台風9号の進路図(気象庁HPから)

 沖縄気象台は、本島地方では1日夜遅くまで土砂災害や暴風に、2日昼過ぎまで高波に警戒するよう呼び掛けている。

 台風は今後、勢力を維持しながら東シナ海を北上し、2日夕方から夜のはじめ頃にかけて非常に強い勢力で九州北部地方に最接近する恐れがある。
 台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径200キロ以内で風速25メートル以上の暴風、中心から440キロ以内で風速15メートル以上の強風となっている。