オリオンビール(豊見城市、早瀬京鋳社長)は2日から、県出身のアーティストで国内外で活躍するGACKTさんが出演する「オリオン ザ・ドラフト」の新CMを県内で放映する(提供)。

「オリオン ザ・ドラフト」の新CMに出演するGACKTさん(オリオンビール提供)

 新CMは、GACKTさんが県出身アーティストやアスリートと対談し、「沖縄愛」を語るという内容。第1弾には、プロボクサーの比嘉大吾さんが登場する。

 昨年10月の首里城火災や新型コロナウイルスの影響で、県経済は厳しい状況が続いている。GACKTさんは「自分がウチナーンチュ(沖縄人)として沖縄をどうやって元気づけられるか、恩返しができるか、全部含めて今回の仕事をやってみたい」と語った。

 同社の広報担当者は「国際的に活躍し、優れた味覚を持つGACKTさんを起用することで、ドラフトのおいしさを国内外に発信したい」と意気込んだ。