沖縄県は2日午前、台風9号に関する第2回対策本部会議を開き、午前9時半時点で、台風9号により風にあおられて転倒するなど、8人が軽傷を負ったと発表した。南風原町では70代女性が自宅の庭で、かさが突風で目に当たり負傷した。重傷者はいなかった。
 玉城デニー知事は「被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げる」と述べた。重症者が確認されていないことには「非常に強い台風だったが県民の準備、市町村や関係機関の尽力によるもので、心から感謝申し上げる」と謝意を示した。
 避難所は36市町村で計124カ所開設され、最大で404世帯、580人が避難した。恩納村では発熱者が1人おり、一般の避難者とは別の部屋で対応した。家屋の一部損壊は5件、停電は1日午前2時ごろの3万6210戸がピークだった。

台風9号に関する第2回対策本部会議に臨む玉城デニー知事(中央)ら=2日、県庁